杣口通信[里山便り①]


1994年創設、山梨県山梨市牧丘町杣口字青山の最奥に立つ小さな山小屋「杣口山の家」から季節の便りをお届けします。山小屋といっても一般営業はいたしておりませんのであしからず。
by somaguchi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新館建設のお知らせ

重要

 新館建設といっても、実際に杣口に新しい山小屋を建てたわけではありません。
 このブログ杣口通信[里山便り]は2005年7月以来、丸5年を経過して、画像容量が満杯になってしまったため、新しい記事がアップできなくなってしまったのでした。そこで現在のこのページは杣口通信[里山便り①]としてこのまま残し、新たに、

杣口通信[里山便り②]
←クリックで移動

という新館を立ち上げたわけであります。過去の記事や写真を見たいという場合は、このままここで閲覧できますが、更新はありません。したがって、新しい記事やイベントのお知らせなどは、これからすべて新館に移行いたします。不快な書き込みやトラックバックがあると嫌なのでコメント欄は閉じておきますので、ご感想、コメントなどもすべて新館のほうへ。
 杣口通信を今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by somaguchi | 2010-07-04 16:05

タケノコ出始め

e0025943_221160.jpg

 2週間ぶりで訪れた杣口。時節柄とはいえ、あいにくの雨模様のなか、青山椒を採ったり蕗を摘んだり真竹のタケノコを掘ったりして山の時間を過ごしました。真竹のタケノコはまだ小さなものでしたが、例年イノシシに先陣をとられて掘り返され、悔しい思いをしていたので、地面から先端をちょっとだけ出している穂先を足裏で探し当て、イノシシに先んじて走りの味を確かめることができました。網焼きにして醤油を垂らしておいしくいただきました。もう2週間もすれば盛りを迎え、たくさん収穫できるはずです。ご希望の方はどうぞ遊びにおいでください。
e0025943_2162171.jpg

[PR]
# by somaguchi | 2010-06-30 02:18

焼山峠あたりレンゲツツジ満開

 3週間ぶりの訪問で、梅雨入り前のすっかり緑濃くなった里山を満喫。
 裏山に続く標高1700メートルの乙女高原を訪ねる途上、「姥の栃」あたりのトチの花が満艦飾で出迎えてくれました。
e0025943_9214124.jpg

 乙女湖畔ではウワミズザクラ。
e0025943_9413542.jpg

 焼山峠まで上がると、ちょうどレンゲツツジとズミの花が見事に対称的な色合いで競い合っています。
e0025943_9443910.jpg

 標高にしたらわずかとも思えるのですが、乙女高原まで行くと日当りのいいところでちらほらとオレンジ色が見えるものの、レンゲツツジはまだまだつぼみ状態。今週末くらいにはオレンジ色の焰が小さな高原を駆け巡っているのではないかと予想されます。
[PR]
# by somaguchi | 2010-06-15 09:48

雹、遅霜

 一昨年のちょうど昨日(5月17日)のこと、滞在中に山梨県全域を寒冷前線が通過していきました。その影響で篠つくような雨から、やがてバチバチ、バラッバラッと激しい音たてて小豆から大豆くらいの氷の塊が落下してきたのでした。ヒョーっと驚くほどのこともありませんが、雹でした。望遠レンズで氷塊が庭のテーブルを叩くようすを撮影しましたが、時間にしたらわずか数分のことだったでしょう。突然だったのでこれ一枚というほどの写真は得られませんでしたが、なかにはミルククラウンがばっちりの映像も写っています。でも残念ながらピントのあったのがありません。一部トリミングしたのが次の写真ですが、これもわずかにブレていますねえ。どうも咄嗟の動きに対しては腕が鈍い。まあいつの場面でもそうですが。
e0025943_1051250.jpg


 杣口あたりではそろそろ葡萄の花芽が動きだし、桃も小さな実がぷっくりし始めるころでしょう。野の花もいろいろ、裏の乙女高原あたりでは遅い春が背伸びを始めるころでしょう。地元紙にも、乙女高原の遊歩道整備、こんな記事が載っています。
 週末、うまく寒冷前線が通過して降雹が来るかどうかわかりませんが、来たら再撮影に挑戦してみるとともに、遅い春を撮りに周辺を巡ってみたいと思っています。というわけで週末は滞在しておりますので、お暇な方はどうぞ遊びにおいで下さい。

地元の牧丘タクシーがやっているブログをリンクしておきました。周辺の情報が写真入りで紹介されています。例の三尺藤は見頃らしいですよ。
[PR]
# by somaguchi | 2010-05-18 10:20

ゴールデンウィークの杣口 後半

 モンゴルからのゲストはGW後半も滞在し、近所の I さんの水車小屋や O さんの林檎畑を訪ねたり、上流のダムを見に行ったり、ほったらかし温泉に浸かったり、恵林寺などの観光にも出かけました。モンゴルの女性が民族衣装の正装で信玄公の菩提寺にお詣りしたのは初めてではないでしょうかねえ。5月のさわやかな風に吹かれて、杣口の滞在を楽しんでもらえたようです(Photo by 功)。
e0025943_865944.jpg
e0025943_8111936.jpg
e0025943_811884.jpg
e0025943_871323.jpg
e0025943_873054.jpg
e0025943_87418.jpg

[PR]
# by somaguchi | 2010-05-09 08:07

ゴールデンウィークの杣口

e0025943_9382281.jpg

 おだやかな5月の連休です。
 標高880メートルの山の家からの富士山はまだこんなに雪がついています。
 平地ではすっかり終わっていますが、コブシやモクレン(写真)もまだ咲いていて、大目に見ると3週間くらいは季節の歩みが遅いように感じられます。とはいえこれから初夏へのスピードは加速していくでしょう。川べりのコゴミ(写真)はずいぶん伸びてしまって食べごろはやや過ぎた頃。ワラビはつんつん伸び出して食卓を飾ってくれました。
e0025943_1047402.jpg
e0025943_10523144.jpg

 モンゴルからのゲストを迎えてにぎやかに宴が幕を開けました。晴れた日の外飯は気分がいいですね。
e0025943_9424459.jpg


 居合わせた人たちみなで正装のゲストとともに記念写真を撮りました。
e0025943_1056484.jpg

[PR]
# by somaguchi | 2010-05-04 10:56

4月第2週末の杣口

e0025943_9581513.jpg
e0025943_9582473.jpg

 先週末、山小屋近くの乙ケ妻地区の枝垂れ桜、あいにくの曇天でしたがちょうど満開を迎えていました。桃の花は中心地の一宮周辺ではすでに満開を過ぎたころでしたが、山小屋周辺ではスモモさえまだ堅いつぼみで、モクレン、コブシもようやく開花の準備ができたかという具合。まだまだ早春の気配でありました。
 塩山盆地の桃畑の様子はこんなです。
e0025943_958564.jpg
e0025943_959545.jpg
e0025943_9591419.jpg


 クリスタルラインの展望台から杣口方面を振り返ると、ぶどう畑の斜面の奥の大烏山の稜線のさらに奥に金峰山が雪をつけて堂々とそびえて見えます。五丈岩もはっきり見えますね。赤い矢印をつけた地点が山小屋の場所。まさに「杣」の「入口」で杣口という字名がうなづけると思います。
e0025943_9594264.jpg


 望遠レンズでもうすこし寄って見ると。
 一昨年だったか、小屋のすぐ脇の車止めの上の崩壊した茶色の斜面、手前のYさん宅の三角屋根までちゃんと認識できます。
e0025943_1092265.jpg

 ついでに乾徳山の勇姿もご覧いただきましょう。
e0025943_10222054.jpg


 さて、例年の山菜祭り、今年は4月30日夜から5月5日ころまで、「毎日が山菜祭り〜」と称してメンバーの誰かしらが滞在していますので、ご用とお急ぎでない方はどうぞ遊びにいらしてください。温泉に行ったり、釣りをしたり、山歩きをしたり、山菜を探しに行ったり、もちろん毎晩の宴会も。モンゴルはウランバートルからのゲストも迎える予定なので、(朝青龍の問題は横において)日モ親善もはかれますよ〜。
[PR]
# by somaguchi | 2010-04-15 09:53

ウオトカ、ボルシチ、小公子

 三題噺のようなタイトルでありますが、先の週末、昨年末のもちつき会以来、久しぶりに出かけてきました。東京でもそうでしたが、ここしばらくいいお天気が続かなかったので、これまた久しぶりの早春の快晴の週末を過ごすことができました。日曜日の朝方にはマイナス6℃くらいまで下がったのですが、日が射しはじめるとあっという間に温もって、日向に残っていた雪もきれいになくなってしまいました。
 昨年末のモスクワ土産のウオトカを、それならボルシチでも作っていただきながらつまみにロシアの話を聞こうというのが飲み助どもの当初の計画でありまして、ロシア帰りの話し手はあいにく風邪のため不参加だったものの、それならばとウズベキスタン土産のウオトカを沢にできた天然の氷柱を取ってきてオンザロックで飲んだり、熱々のボルシチをすすったりと、修正されながらも計画は遂行されていくのでありました。
 そんなところへ地元のこいのぼり農園が自家生産して委託醸造していた山葡萄由来の品種「小公子」で作ったワインが出来上がって引き取りに行ったあと、ラベルも貼らない瓶詰めされたばかりの1本を持ってきてくれるという話が飛び込んできたのでした。フルーティな香りながら深い味わいを楽しめる一杯に仕上がっています。400本ほどしかないそうで、ぜひ味わってみたいという方にはお頒けする仲介をいたしますのでお急ぎを。
e0025943_11103021.jpg
e0025943_1110595.jpg
e0025943_11104581.jpg

[PR]
# by somaguchi | 2010-02-22 11:11

今年もよろしく

e0025943_181428.jpg


旧年中は大変お世話になりました。

今年も、あきずに、こりずに、みなさんと山遊びを楽しみたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


[PR]
# by somaguchi | 2010-01-01 00:05

09忘年もちつき会

e0025943_10253355.jpg

e0025943_10263218.jpg

e0025943_10273961.jpg

e0025943_10265919.jpg

e0025943_10275029.jpg

e0025943_10295899.jpg

 去る週末、今年の最後を締めくくる山の小屋イベント、忘年もちつき会がおこなわれました。まあ山の小屋関係者の友人、知人、そのまた友人たちを誘って、標高880メートルの里山の小屋で開くただの忘年会のようなものでありますが、正月も近いことだしもちでも搗こうかと始めた会も、今回で毎年末中断することなく、回を重ねること17回を数えるまでになりました。はじめての方も、数回の方も、毎度の方も、毎年毎年お疲れさまであり、感謝であり、深謝にたえません。
 今回も都合20名を超えるみなさんにご参集いただき、前夜の忘年会では遅くまで飲めや歌えや踊れやの宴は深夜まで果てなく、翌朝は快晴の富士山を眺めながらのもちつきで、つきたてのもちを朝飯代わりに大根おろしや納豆、きな粉、胡桃みそなどでおいしくいただき、丸めたもちはお土産にお持ち帰りいただきました。
 これにて山の家の本年のイベントは最終、来春まで冬眠に入ります。
 ちょっと早いですが、みなさんハッピークリスマス&よいお年をお迎えください。
[PR]
# by somaguchi | 2009-12-21 10:52