杣口通信[里山便り①]


1994年創設、山梨県山梨市牧丘町杣口字青山の最奥に立つ小さな山小屋「杣口山の家」から季節の便りをお届けします。山小屋といっても一般営業はいたしておりませんのであしからず。
by somaguchi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009春の山菜祭り、無事に終了

e0025943_10401931.jpg

 塩山盆地では桃の花はほぼ終了でしたが、杣口小屋の周辺では標高が400メートルほど差があるので、まだ桃も李(ソルダム)も盛りの木があって華やかな彩りにかざられています。山菜の旬はまだ平地から斜面を上りきれずに、小屋の周辺ではコゴミやワラビが採れたくらいで、あとは野草類が出ているくらいでした。それでもなんとか下のほうから仕入れてきたコシアブラやタラノメをメインに、おだやかに晴れ上がった日曜のお昼は山菜天ぷらパーティーを楽しみました。
e0025943_1050419.jpg

e0025943_10502456.jpg

e0025943_1053798.jpg


 5月の連休にも何人かは滞在していますので、おヒマな方はどうぞ遊びにおいでください。
[PR]
by somaguchi | 2009-04-20 10:54

2009春の山菜祭りのお知らせ

e0025943_9235665.jpg

 都心では満開の桜で、爛漫の春ですね。
 みなさんお花見を楽しんでますか?
 さて、恒例の杣口山の家の山菜祭り、今年は4月18、19日の両日にわたっておこないます。ご都合の合う方もそうでない方もどうぞ春たけなわの山里を味わいにおいでください。ちょうど例年通りなら天然のタラノメがぷっくりと太り始める頃ですが、これからの季節の移りでどんな具合になるでしょうか。庭のヤマウドもずいぶん増えましたから、これも採って食べましょう。タケノコも出始めているかもしれません。いろいろな野草も天ぷらのいい食材になりますね。
 どうぞ山歩きのできる格好でおいでください。みずからの手で採取した山野草を時間をおかずに調理して食することは、まさに縄文の時代から連綿と私たちの文化につながる心土不二を実践することになります。自然のものを食べて健康になることは、こころの健康にもつながりますね。不案内な方には山野草の種類をひとつひとつ丁寧にお教えしますよ。
 毎度おおざっぱな予定でありますが、だいたい18日の適当な時間に小屋においでください。夕食は前夜祭のようなものです。19日早朝から山菜の採取に近辺を回り、収穫した山菜野草を昼食の膳に天ぷらなどでいただきます。野草の葉っぱだけにならないよう、がんばりましょうね。
 さらに毎度のことながら、初めての方もいらっしゃるといけないのでご案内を以下に。
【山の家への行き方】
*JR中央線「塩山」駅下車、タクシー約25分、3500円ほど。
*自家用車利用の人は中央道勝沼インター下車、R140を雁坂トンネル方面へ向かい、牧丘トンネルを抜けた直後、次の釜伏トンネルに入らずに、すぐクリスタルライン方面に左折、杣口方面に上り坂を5分ほど北上、右手に見える「八丁釣り堀」の看板を右折、道なりに突き当たりが現地。地図が必要な方はご連絡を。
【だいたいの費用】
*新宿から特急「かいじ」利用、塩山まで(新宿から約1時間半、指定席特急料金込み片道3500円)。立川、八王子、高尾から普通列車あり(高尾から約1時間、片道1110円)。
*食費は参加人数で割り勘にします。おおよそ2000〜3000円くらい。
*ビジター参加で宿泊の方は、別に一泊1500円を山小屋維持費として頂戴していま
す。ご協力下さい。
[PR]
by somaguchi | 2009-04-08 09:27